.eat, drink and...


12.19.2013

ついにTVデビュー!KBSとウリスル醸造場訪問





マッコリソムリエになろう!体験教室 のマッコリソムリエ、ミョン・ウク氏のご紹介で、京畿道、加平にあるウリスル醸造場(우리술)を友人と訪問してきました。なんと今回は韓国の公共放送局、KBSの同行取材。遂に私もテレビデビュー!ちょっと?かなり?どきどき^^




KBSのクルーの方達は朝一番で先行していたので、電車を乗り継ぐこと1時間半で着いたウリスル、エントランスにはウリスルのマッコリ達が、どーん!約80種類のマッコリを製造しているとのこと。見たことのないマッコリもいっぱい、これ全部飲んでみたい^^




まずはマッコリの主原料、お米を調理している部屋を見学させて頂きます。




ウリスルのマッコリが作られる、金浦の契約農家から仕入れているお米。柔らかく蒸すと発酵がうまくいかないということでとても固く調理されている。「食べてカメラに向かって感想を言ってください」と言われて食べたお米、固くて美味しいものではない・・・何て言えばいいの??焦って何を言ったかも記憶にない。撮影って難しい(笑)。




格好いい匠の職人!ウリスルのマッコリの味はこの職人さんたちの腕にかかっている。







2階のお米の部屋からこのチューブ?トンネル?を通って1階の発酵室へ調理済みのお米が落とされる。




普段は一般訪問客は入れないという発酵室でウリスルの副社長の説明をお聞きします。発酵室は温度管理がとても大切なため、一般人が入るのが難しいのだそう。




2階で調理されたお米が1階の発酵室で美味しいマッコリに醸されます・・・ぶくぶく、ぶくぶく・・・。この原液を味見してみたかったけれど、お聞きしてみたらこの状態ではまだ美味しくないのだそう(笑)。この後2段階ほど発酵過程を重ねて美味しいマッコリが出来上がる。




こちらの工場ではボトリング&パッケージングがされている。

以前訪れた唐津の白蓮マッコリの新平醸造場 に比べると本当に大きいウリスル。完全に近代化されたウリスルと伝統を引き継いだ家族経営の新平醸造場、全く違う2つの醸造場の比較がとても面白い。




醸造場見学の後はお待ちかね!ウリスルマッコリの試飲会^^左からウリスル一押し、私も大好きな加平松の実マッコリ、梨マッコリ、リンゴマッコリ、ポップンジャマッコリ、そしてアルコール度数3%、ぐびぐび飲めるスポーツマッコリ。




マッコリ協会会長、ウリスルの社長が自ら説明してくださる。




とてもダンディーな社長・・と思ったら、とてもお茶目な方でした(笑)。




初めて飲んだこの缶入りのスポーツマッコリ、本当にこれはマッコリ!?というほど軽い飲み口で、夏の暑い時期やスポーツをした後にぐびぐび飲むのにぴったり!柚子果汁が入っているのでとても爽やかで飲みやすい。お土産に頂いて帰ったので、私も運動の後にぐぃっといってみよう♪ あ、そのためには運動しないとね・・・><

マッコリ醸造の過程を一から見学することができ、社長、副社長の優しさ、職人さんの真剣な眼差しに感銘を受けたウリスル醸造場訪問。これからはマッコリを飲む度に、あの職人さんたちの熱い眼差しを思い出してその匠の技に感謝をしながら飲むことになりそう。そしてこれからはウリスルのマッコリを飲む度に、優しい副社長とお茶目な社長のお顔を思い出すんだろうな。

KBSでの放映は・・・私は放映予定時に外出の予定が入っているので残念ながら見れなそう。でも全国放送で「サランへ、マッコリ〜♡」なんて言っている痛いアラフォーの姿、ちょっと辛いのでちょうど良かったかな(笑)。

ウリスルの皆様、KBSのクルーの方々、そしてミョン・ウク氏、素晴らしい機会を与えて頂いて本当にありがとうございました!マッコリのことを学ぶ度に、ますますマッコリへの愛が深まる私です(笑)。これからも深い忠誠心を持ってマッコリ伝道師(?)として活動していきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

No comments:

Post a Comment