.eat, drink and...


11.10.2013

慶州で美笑 (Miso) 2と雁鴨池の夜景





ディナーの美味しいどんどん酒でリラックスした後は、ホテルに戻ってゆっくり・・・とはいかないのがブログ記者団のツアー(笑)。皆どんどん酒でほろ良い加減、いい気持ちになって向かったのが、伝統芸術公演、美笑(Miso)2。(美笑2の観光公社の情報はこちら。)ソウルで美笑の公演が行われているのは知っていたけれど、それが舞台を慶州、新羅に移して美笑2としてオープンしたらしい。




実はどんどん酒でいい気持ちになり過ぎて公演中に眠くならないか心配していたのだけれど、美しい舞台、素晴らしい光の演出、衣装、音楽に思わず目も心も奪われ、約90分の公演が眠くなるどころかあっという間!どんどん酒のせいで頭が揺れている人もちらほらいたけれど(笑)、私は「善徳女王」を基にしたというその悲恋話に思わず涙がこぼれたほど。




本当に素晴らしく印象的だった公演、これは是非ソウルに戻ったらオリジナルの美笑を見てみたいなぁ!!




美笑2で濡れた目を隠しながら向かったのが、雁鴨池(アナプチ)。新羅の文武王(在位661−681年)が、三国統一を記念して674年に建造した離宮址で、現在は当時の4分の1の規模の臨海殿址と池を取り巻く庭園が残されており、夜には幻想的なライトアップが楽しめる。




正直寒いし長い一日だったので、早くホテルに帰って寝たい・・・と思ったのだけれど、実際に雁鴨池に来てびっくり!池に反映するライトアップされた古宮・・・これは、本当に幻想的で美しい!




さすが韓国観光公社、見るべきところをきっちり押さえている(笑)。







素晴らしい伝統公演、古宮のライトアップを楽しんだ後はついに長かった、でもとても楽しかった慶州の一日も終わり。ホテルへ戻って明日へ備えます。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ


No comments:

Post a Comment