.eat, drink and...


11.06.2013

白蓮マッコリ蔵元訪問:白蓮社長とタニシご飯





国宝修徳寺見学の後は、私の念願の白蓮マッコリ蔵元訪問。(トドックランチと修徳寺の記事はこちら。)在韓3年で飲んだマッコリの種類はおそらく200種類以上。その中でも上品で洗練された白蓮マッコリは常にトップ3に入る私のお気に入りマッコリ。そんなマッコリの蔵元を訪問できるなんて・・・本当に夢のよう!




白蓮マッコリ蔵元、新平醸造場




新平醸造の2代目、3代目が生まれ育ったという1933年築の趣のある古宅。今後はマッコリ展示場として使い、試飲会なども予定しているそう。うーん、是非その時に再訪したいもの!!




醸造場に入るとすぐにぷ〜んとお米の甘い香りが。それもそのはず、醸造場入り口すぐの所で麹が作られていた。




風情のあるオフィスで白蓮の2代目、3代目社長のお話を伺う。3代目が2代目を心から尊敬し、2代目も3代目を跡継ぎとして大きな期待をかけ、頼もしく思っているのが見ている側からもひしひしと伝わる、とてもとても素敵な親子。お2人のお互いを見る目が優しく温かくて、なんだかほろっとしてしまった。お昼のマッコリのせいかな(笑)。




醸造場見学にはちゃんと作業着に着替えて・・・ミョン氏、ちょっとダイエットされた方が・・・?(笑)




蒸した忠清南道、唐津市産のヘナル米。




そこにこの白蓮の葉を入れて・・・




発酵開始。




温度が上がり過ぎないように時々撹拌。




ぶくぶく、ぶくぶく・・・!名酒白蓮マッコリが醸されていく。それにしても本当にこんなに白蓮の葉を入れているとはびっくり。これがあの上品な白蓮マッコリの隠し味。




お馴染みの白蓮マッコリのラベル。こうして見てみると、なんだか感慨深い。




醸造場見学の後は近くのコルベンイ(タニシ)のお店で夕食&お待ちかねの白蓮マッコリ試飲会!3代目自らが白蓮マッコリを運んで来て下さった。




白蓮マッコリとコルベンイ料理。




左が通常の白蓮マッコリ、Snow、アルコール度数は6%。右がプレミアム白蓮マッコリ、Misty、アルコール度数は7%。




Snow は Misty に比べて炭酸が強く、軽い口当たりでとても飲みやすい。でも私はもうちょっとどっしりした Misty がやっぱり大・大好き!!深いコクがあってまろやかなのに爽やか、いつ飲んでも間違いなく美味しいとても上品なプレミアムマッコリ。




コルベンイはよくあるコルベンイムチム(タニシの辛い和え物)の他にこの2種類。左がコルベンイテンジャン、右がコルベンイのコンビジ。実は私はコルベンイムチムがあまり好きではなくて夕食がコルベンイと聞いたときにちょっとテンションダウンしていた(笑)のだけれど、この2種類のコルベンイは本当にびっくりするほど美味しい!!




特にこのコルベンイのコンビジはエゴマが入っているのかとてもリッチでクリーミー、何ともチーズのような口当たりで今思い出しても食べたくなるほど美味しかった。これ、ソウルのどこかで食べられないかなぁ!クリーミーなコルベンイ、クリーミーな Misty と相性抜群(笑)。




白蓮マッコリの上澄みの薬酒。ちょっと甘い清酒のような高級酒で、伝統行事のときなどに飲まれるのだとか。

私たちと一緒に食事をされた3代目。今はソウルのマッコリバー Chez Maak (シェマッ)を主に手がけていらっしゃるそうだけれど、これからまた新たな種類のマッコリを開発する計画なのだとか。どんなマッコリかは、秘密(笑)。

本当に色々な思いが詰まった新平醸造場訪問、今までも大好きなマッコリだったけれど、これからは更に一層思い入れが強くなりそう。この親子あってこその白蓮マッコリ、と納得してしまったほど素敵な2代目と3代目。今後は白蓮マッコリを飲む度に、2代目と3代目のあの温かい微笑みを思い出すんだろうな。そしてミョン氏、本当に素晴らしい1日をありがとうございました!また皆でマッコリ蔵元を訪問して美味しいマッコリを飲み交わすのを心から楽しみにしています!

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

No comments:

Post a Comment