.eat, drink and...


8.03.2013

扶餘・公州の旅:百済文化団地と扶余ロッテアウトレット





朝食の後は韓国最大規模の歴史テーマパーク、百済文化団地へ。前日の灼熱の青天と打って変わってどんよりした空模様、この後ぽつぽつと雨が降り出した。炎天下の観光がいいか、雨の観光がいいか・・・選択肢は無いけれど悩む所(笑)。




百済(ぺクチェ)は朝鮮半島の三国時代に繁栄した古代国家のひとつで、660年に唐(中国)と新羅の連合軍によって滅亡するまで600年近く現在の忠清道、全羅道一帯に存在しました。600年以上に亘り繁栄した百済ですが、新羅・唐の連合軍によって百済全土が徹底的に破壊され、現在まで現存する百済時代の文化財はごく僅かに留まっています。2010年9月に扶余にオープンした「百済文化団地」は、そんな忘れ去られてしまっていた百済の歴史や文化を理解してもらおうと100万坪の敷地に6100億ウォンを掛けて建造した歴史テーマパークです。




団地内には百済時代の王宮、王族の寺院、百済時代の古墳、貴族の邸宅、職業別の庶民の家屋など、百済が最も繁栄していた時代の都が再現されている。




紙の貴重だった時代に木片に文章を残した木簡。







逆さ富士ならぬ逆さ五重塔。




朝露に濡れる睡蓮・・・・・




古墳公園。




生活文化村。広大な敷地内にこれだけの規模の歴史文化施設を再現するその意欲・資金力に驚かされる。




向こうに昨晩泊まったロッテ扶余リゾートが見える。




近くには大きなロッテアウトレットが9月にオープン予定。百済時代の伝統様式を取り入れたアウトレット、ショッピングを楽しみながら百済文化も楽しめるらしい^^ソウルからシャトルバスも出るようなので、オープンしたら是非一度訪れてみたいな。

ロッテ扶余リゾート、百済文化団地、扶余ロッテアウトレットと家族皆が楽しめる一大レジャー施設を備える扶余、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ



2 comments:

  1. 広大ですね。土地がいっぱいあるのかな^^;
    アウトレットがオープンしシャトルバスが運行。
    プヨはこれからの街で注目されそうですね。
    ソウルだけではない楽しみ方が出来そう。
    最新情報ありがとうございます(^_-)-☆

    ReplyDelete
    Replies
    1. 本当に広いテーマパークでした!
      しかも本格的な歴史的建造物が色々復元されて
      すごくお金がかかっているな・・・と。
      さすがロッテ資本(笑)。
      大型アウトレットもオープンしますし、
      プヨはこれから熱いかもしれませn(笑)。

      Delete