.eat, drink and...


8.31.2013

絶品テンジャンチゲ@テンジャンイェスルクァスル





暑かった先日、テンジャンビビンパが美味しいという友人お勧めのテンジャンイェスルクァスル(된장예술과술)へランチに行ってきた。




シンプルで綺麗な店内。




お目当てのテンジャンビビンパを2人分注文するとあっという間に並んだバンチャンとテンジャンチゲ!




バンチャンがどれも本当に美味しい〜!特にケンニップ(エゴマの葉)のしょうゆ漬けがたまらなく美味しかった。




テンジャンイェスルクァスル、「テンジャン芸術と酒」という名前のお店、芸術は分からないけれど美味しいバンチャンでマッコリを一杯やりたくなる〜(笑)。




美味しいバンチャンに夢中になって忘れそうになったメインのテンジャンチゲ。今までに見たこともないほど濃厚!




新鮮なお野菜と・・・




ご飯にのっけてビビン!麻婆豆腐かと思うほど濃いテンジャン、味噌のコクが本当に美味しい。お店の方に頼んでちょっと頂いた胡麻油を垂らすと更に香りが良くなって最高!さすがグルメな友人のお勧め、これは病み付きになる味。今写真を見返しているだけでまた食べたくなる(笑)。




絶品テンジャンチゲにノックアウトされた後は、新村に戻って最近流行っているらしいオレオピンスを。この大きくてあまーいオレオピンス、友人と2人でほぼ完食。アラフォー女子パワー、まだまだ捨てたもんじゃない(笑)。ソウルの夏もそろそろ終わり。あと何回、大好きなパッピンスを食べられるかな?

テンジャンイェスルクァスル(된장예술과술):場所はこちら

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

8.28.2013

DMZ & 板門店ツアー





ずっと行ってみたかったのに、今までなかなか重い腰が上がらなかったDMZ(非武装地帯)・板門店ツアーに友人と参加してきた。今回参加したのはKONESTで参加予約ができる土曜日出発の国際文化サービスクラブのツアー。(KONESTの情報はこちら。)

朝8時に明洞のロッテホテルに集合。大型バスに移動して走ること約1時間強、まず訪れたのは野原が広がる非武装地帯と遠くに北朝鮮が見える都羅展望台。開城村や通称プロパガンダ村が見えるこの展望台、生憎ちょっとガスっていてぼんやりとしか見えなかった。場所が場所だけあって写真撮影がかなり限られたこのツアー、この展望台でも撮影はNG。




次に訪れたのが第3トンネル。北朝鮮によって密かに掘られた第3トンネルは1978年に発見されたもので、長さ1,635m、南方限界線の435メートルまで達し、1時間に1師団の武装した北朝鮮兵力を侵入させることができるものだったという。このモノレールで入って行く第3トンネル、内部はやっぱり撮影禁止。




京義線の南側の最北端、もっとも北朝鮮に近い都羅山駅。




500ウォンの入場料を買ってプラットフォームに入ることができる。平壌⇄ソウル!




ここで一息、ランチタイム^^。




ツアーの人たちと皆で。




美味しかったバンチャン。




ツアーの定番、プルコギ。特に期待もしていなかったのだけれど、甘さ控えめで美味しかった。暑い日だったのでちょっとビールでも・・・といきたいところだったのだけれど、板門店訪問の前はアルコールは厳禁とのこと。泣く泣く我慢(笑)。




1953年7月23日、朝鮮戦争休戦協定締結後に捕虜の交換が行われた自由の橋。遠く向こう側は北朝鮮。




そして2度のパスポートと服装チェック、「万が一」の場合の誓約書サインなど、ものものしいプロセスを経てついにツアーのメインイベント、韓国と北朝鮮の軍事境界線上にある板門店(JSA: Joint Security Area)へ。

こちら側を守っているのは国連軍の兵士達。彼らが履いている短いズボンの裾には50個の銃弾が装備されているという。




向こうに見える建物は北朝鮮のもの。北朝鮮の兵士が双眼鏡でこちらを監視している。




軍事境界線上に建てられた軍事停戦委員会、本会議場。旗が立っているのが本会議場の中央部分、軍事分界線。この軍事分界線を境に向かい合って軍事停戦委員会が開催される。会合が開催される折りには板門店ツアーは一切中止になる。私が訪れた前日も全てのツアーがキャンセルになったらしい。




本会議場から見える、このコンクリートが北朝鮮と韓国の国境。




撮影がとても限られた板門店、漂う緊張感をひしひしと肌で感じる。厳しい服装・行動制限に、ツアーに参加する前は大げさな・・・と思ったけれど、実際に訪れてみると自分の行動への責任の重さを実感する。もし私が無責任な行動を取ったら、即南北の銃撃戦になる可能性だってあり得る。甘い気持ちで訪れては行けない場所なのだ。

普段はソウルで平和に暮らし、「北朝鮮がミサイル発射」などというニュースを聞いても、「また北朝鮮のブラッフか」と無関心になりがちだけれど、今回 DMZ・板門店ツアーに参加して韓国と北朝鮮は未だに「停戦状態」にあるのだ、というその現実を身にしみて感じた。ソウルから約50kmという近さに実在する歴史が残したこの緊張、韓国在住の方は一度訪れて肌で感じてみるべき場所かもしれません。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

8.25.2013

済州島の美味しい豚肉!@済州トンサドン





友人が美味しい豚の焼き肉を食べに行こう!と連れて行ってくれた、合井(ハップジョン)駅の近くの제주돈사돈(済州トンサドン)。




とても人気店とのことなので、5時半という早めの時間に入店。




シンプルなメニュー、お肉は基本のセットと追加のみ。




キムチとサムチュ。




そして!済州島から空輸しているという済州島の豚肉!サムギョプサル(三枚肉)とモクサル(首肉)。こんな大きなお肉、久しぶりだな〜。実は私はどちらかといえば肉より魚の方が好きなのだけれど、やっぱり大きなお肉を見るとテンションが上がる(笑)。




ザ・韓国流、はさみでお肉をジョキジョキ。




そしてこの第三のお肉、豚の首の脂の部分らしい。初体験。




こんがり焼けて食べ時〜!お肉の真ん中の熱々の辛いソースや、




こちらの玉ねぎタレで頂く。このタレもさっぱりして美味しいけれど、辛いソースもちょっと変わっていて美味しい。お肉はとてもジューシー、特に首の脂のお肉が旨味たっぷりでくど好みの私にはたまらない(笑)。




焼き肉と言えば、ビールとソジュ、そして済州島と言えば韓国で美味しいと有名な済州島のソジュ、한라산(ハンラサン)。普段はソジュ大嫌い、絶対に口をつけないのだけれど、「騙されたと思って」という友人の強い勧めに仕方なく飲んでみると、ソウルのソジュに比べて味が丸い。まろやかで飲み易い!でもそんなに強く勧めていた友人は結局ビールとハンラサンを混ぜて韓国お馴染みのソメッ(ソジュ+メクチュ)にしていた。そんなことするなら安いソウルのソジュを頼めばいいのにね(笑)。




〆はこのお店で人気というコチュチゲ。辛い!でも辛いだけじゃなくてコクがあって美味しい!でも、辛い!!

やっぱり人気店らしく、私たちがお店を出る頃には満席になっていた。美味しいハンラサン、久しぶりの豚焼き肉で済州島の味を満喫した夏の夜でした。

済州トンサドン:場所はこちら

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

8.22.2013

ヨメコちゃんお勧めの絶品コングッス@진주회관





ヨメコちゃんのブログ で見てとてもとても気になった市庁のコングクスのお店。韓国の夏の風物詩のコングクス、実は私はそれほど好物という訳でもないのだけれど、人の100倍は味にうるさい(笑)ヨメコちゃんが美味しいというなら絶対に美味しいに違いない!友人を誘って興味津々、さっそく行ってきた。地下鉄市庁駅9番出口の目の前。




大人気、でも平日のお昼を過ぎた時間だったので並ぶことなく入店。




8月25日まではメニューはコングクスのみ。この強気さはコングクスへの自信の表われ?




キムチ。グクス屋さんのキムチは浅漬けで美味しいことが多いけれど、ここのキムチも辛みよりも甘みがあってとっても美味しい!もちろんお代わり(笑)。




そしてお待ちかねのコングクス!ヨメコちゃんのブログで見たのと同じ艶やかな豆乳のスープ。全く味がなく自分で塩をかけて食べることが多いコングクス、このお店のものはほのかに塩味が効いてとても食べ易い。そして今まで食べたことのない濃厚な大豆そのものの味のスープ、とってもクリーミーでこれは、美味しい!!




麺はコシのある中華麺。味のしない淡白な豆乳スープに飽きてしまっていつも完食できないコングクス、こちらのものはあっという間にスープまで完食(笑)。今思い出してもまた食べたくなる、何故か病み付きになる味。




さすがヨメコちゃんお勧めの絶品コングクスを満喫した後は、近くのカフェ、DROPTOP でパッピンス。2人で1つで足りるかな?なんて心配していたこのパッピンス、おっきーい!!ふわふわの氷にあんこもナッツもたっぷりのって、予想外の美味しさ。あまりのボリュームに結局2人でも完食できず(笑)。韓国の夏の味を堪能した午後でした。

진주회관:場所はこちら

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

8.20.2013

一度体験してみたい韓国の伝統文化


観光公社から8月のブログのお題を頂いた。「一度体験してみたい韓国の伝統文化」。毎月難しいお題に頭を悩ませているけれど(笑)、今回のお題は特に難しい。「韓国の伝統文化」、体験してみたいといえば韓国の陶芸、キムチ作りなど。一度韓国の伝統音楽を聞きに行ってもみたい。

でもやっぱり一番やってみたいのは、「マッコリ作り」かな(笑)。レストランで飲んだものも含めれば、恐らく150種類以上は有に飲んだマッコリ、でも未だに自分でマッコリを作ったことがない。

ソウル伝統文化体験館 グローバル・センター  でも年に何回かマッコリ作り体験会を開催しているのだけれど、何かと予定が合わなくて未だに参加できていない。一度友人が家で作ったというマッコリを飲ませて貰ったけれど、市販のものにくらべて甘みが少なくアルコール度数が高め、お米の自然の美味しさが味わえてとても美味しい!こんな美味しいマッコリが自分で作れたらちょっと飲み過ぎが怖い(笑)けれど、素晴らしいな〜と思う。

先日、私が扶餘で買った黒米マッコリ にアイディアを得たと友人が黒米を20%使用したマッコリ作りに挑戦!その写真を送ってきてくれた。




黒米マッコリ仕込み中の写真。白米に比べて固いので醸造が難しいと言われる黒米マッコリ、上手くできあがるか心配していた友人・・・




1週間後、こんな綺麗な色のマッコリができたと完成写真を送ってきてくれた。自家製の黒米マッコリは私が扶餘で買った黒米マッコリの人工着色料的な華やかなピンク色とは全然違う何とも美しいほのかなピンク色!そしてそのお味も黒米のコクが加わってとても美味しかったのだとか。

とても羨ましい自家製マッコリ。私も是非一度マッコリ作り教室に参加してマッコリ作りを学んだら、家で色々な種類のマッコリを醸造してみるのが今のところの私の夢(笑)。蓬を入れた蓬マッコリなんかはどうかな??(笑)

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ



8.17.2013

弘大グルメ!ソルネハノッチッの後はオッルモンでパッピンス





ソウルに引っ越して来てからずーっと行ってみたかったものの、何故か行く機会のなかったコウケンテツ氏の本でも紹介されている有名店、솔내한옥집(ソルネハノッチッ)へやっと友人と行ってきた。




ちょっと奥まった所にある、韓屋造りの趣のあるお店。




お店に入った所はまるで韓流ドラマの世界に入り込んだような(笑)。




店内ではアジョッシ達が昼間からマッコリで一杯やりながら激論を交わしている。有名店だけに日本人観光客が多いのかな?と思ったけれど、この日は100%地元のお客さんたちだった。地元の人に愛されるお店、期待が高まる!




でもメニューはちゃんと日本語と英語の併記^^




バンチャン。ニンニクの効いた明太子が美味しくてお代わりを貰った。日本風の明太子も大好きだけれど、韓国風のパンチの効いた明太子も大好き。ついついマッコリをやりたくなるけれど、この後友人はお仕事だったので我慢我慢。




ポリパッ。色とりどりのナムルを、




プチプチの麦飯にのっけて、




ごま油、コチュジャンと一緒にビビン!香り高いごま油が美味しい!コチュジャンは私はもうちょっと甘みの強いものが好きかな。普通に美味しいポリパッだった。




そして私の念願の、白菜のチヂミ。粉が少なくて白菜の味そのもの。最初は「ん?ちょっと淡白・・?」と思うのだけれど、食べ続けるうちにパリパリの小麦粉の部分と自然の甘みの白菜が何故か病み付きになる。友人はちょっと苦手だったこの白菜チヂミ、私がほぼ一人で完食(笑)。




有名店のポリパッと白菜のチヂミを満喫した後は、こちらもパッピンスの有名店、옥루몽(オッルモン)へ。並んでいるかな?と思ったけれど、雨の日だったからか並ばず即入店。




私のベーシックなミルク・パッピンス。このつやつやの小豆がたまらない!氷も私の大好きなふわふわ系。




友人の緑茶パッピンス。しっかり緑茶の苦みが効いてちょっと大人の味。




そしてオッルモンお馴染みの中入れあんこ!私の No.1 パッピンスはやっぱり新村のホミルパッかもしれないけれど、このつやつやたっぷりあんこも捨てがたいなー。

有名店の味を堪能した楽しい弘大グルメの午後でした^^

ソルネハノッチッ:場所はこちら
オッルモン:場所はこちら

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ