.eat, drink and...


7.04.2013

世界で一番美味しくて幸せな場所





今回の一時帰国中、兄夫婦が自宅でのディナーに招待してくれた。ダイニングに入るなり思わず歓声!兄嫁、でも私より10歳近く若くて可愛い kちゃんの、kちゃんらしいとっても可愛いテーブル・セッティング。




席につくだけでわくわくしちゃう^^




兄が朝から選定したというワイン2本が開栓されて今まさに飲まれるのを待っている。わくわく度、倍増。




でもまずはやっぱり泡から^^ Veuve Cliequot。




スワロフスキーのクリスタルにシャンパンの泡がとても綺麗!我が家で使っている w2,000 のダイソーのグラスとは大違い(笑)。




お料理上手の kちゃん、今回もとても素敵なお料理の数々を用意してくれていた。前菜の茄子と蟹肉のミルフィーユ、オレンジソース仕立て。「ここはどこのレストランですか?」という程もう見た目が美し過ぎて手が出せない(笑)。クリーミーなソースにほんのり甘いオレンジソース、爽やかで夏にぴったりの前菜。




今回私がめちゃめちゃ気に入って「美味しい!」を連発したチキンレバーのパテ。ふわっとした、でも濃厚なパテに甘酸っぱいブルーベリーソース。これがあったら他に何も要らない。これだけでワイン1本いけちゃう(笑)。




そして兄のとっておきのワイン、Chateau Rauzan-Gassies 2007 (シャトー・ローザン・ガシー)、ボルドーマルゴーの格付け2級。もうムダなうんちくは要りません。文句無く美味しい。kちゃんのチキンパテとこのワインが私の最後の晩餐でいいかも(笑)。




kちゃんの故郷の海辺の町から送ってきてくれたという貴重な海老の海老味噌焼き、白アスパラガス添え。ぷりぷりの海老に濃厚な海老ソース、美味しい!!




兄のワイン・セレクション2本目、Casa Sant'Orsola の Barbaresco。普段は滅多に飲めない私の大好きなバルバレスコ、でも Chateau Rauzan-Gassies の後ではちょっと皆の興奮もトーンダウン。バルバレスコに申し訳なかったな(笑)。




フランス vs イタリアのワイン対決、今回はフランスに軍配?




ポーク・ヒレのグリル。本当にプレゼンテーションが素敵で食べるのが勿体ない。柔らかくジューシーに焼かれた豚肉、シンプルながら最高に美味しい!アスパラガスに囲まれた塩気の効いたマッシュ・ポテトと一緒に頂くと本当にほっぺが落ちそう。どこのレストランよりも素敵で美味しい、父と私が名付けた Restaurant Chez k, こんなお料理を毎日食べられる兄が本当に羨ましい。




飲んで食べて喋って笑って、、最後は皆で父の特製餃子をわいわい包んで焼く。皆大好物の父の餃子、「お腹いっぱいだねー」なんて言いながら食べる食べる!結局ほとんど完食だった(笑)。美味しい物を皆で「美味しいね」、と言いながら食べると本当にいくらでも食べられてしまう。

とてもとても美味しくて楽しかったディナー。また大げさなブログタイトルを、と思われた方も多いかと思うけれど(笑)、今回の1週間の日本一時帰国でつくづく実感したこと、それは私は家族に囲まれている時がやっぱり一番幸せだなー、ということ。兄と kちゃんが引き継いでくれた私が生まれ育った家で、楽しかった子供時代の思い出に包まれて懐かしい父の味の餃子を皆でつつく・・・何だか余りにも幸せ過ぎて、餃子を食べながら不覚にも涙がこぼれそうになって困った。こんな素敵な家族に恵まれて、私は本当に本当に幸せだと思う。亡くなった母も空の上から、「私も皆と一緒に餃子が食べたいわ」なんて言っているのかもしれないね(笑)。kちゃん、お兄ちゃん、そしてお父さん、素敵な時を本当にありがとう!!また会えるのを首をながーくして楽しみにしているよ!!

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

6 comments:

  1. うさぎぴょん♪7/4/13, 10:48 PM

    世界で一番美味しくて幸せな場所!
    そのとおりですね。。。。
    素敵なブログに なんだか感極まってしまった私。
    お兄様のお嫁さんKちゃんの料理もすばらしいし、何よりおもてなしの心が伝わり・・・・
    そしてお父さんの餃子に涙が出ちゃいました。
    多分自分の実家と重ねちゃったのですね。
    また日本に!
    だって韓国はすぐお隣なのだから~♪

    ReplyDelete
    Replies
    1. 我ながら大げさなブログタイトルだなーと思ったのですが(笑)、
      それ以外に思いつかなくて...
      生まれ育った家で過ごす家族との一時、本当に本当に楽しかったです。
      いくつになっても、家族、生家、というのは何と言うか心の拠り所なんですね。
      ふーっと息の抜ける、そんな時間でした。
      ソウルと東京は本当に近いです!!
      これからもどしどし日本に帰っちゃおうー(笑)。

      Delete
  2. うわ~、どこの豪華なレストラン??と思いましたよ~。
    わたし、お兄さんになりたいです!!
    こーんな素敵な料理をつくってくれる奥さまがほしいです。
    大好きな家族と、とびきりおいしい料理とお酒を楽しむ・・至福のひとときですね。
    これじゃあ、ホームシックも長く続くでしょうねぇ。

    ReplyDelete
    Replies
    1. トドこさん、ね、レストランみたいでしょ!?
      可愛くてセンスが良くてお料理上手、私もkちゃんと結婚したかったなー笑。
      何だかこぶたが可哀想になってしまいます><
      大好きな家族と囲むディナー、そこに美味しいお酒があったら本当に至福ですよね。
      こぶた抜きだったので通訳しなくていいし、本当に楽しかったです(笑)。
      ソウルに帰って10日、やっとあきらめがついてきた感じです(笑)。
      でも今から次に日本に帰ったら何食べようかと考えています!

      Delete
  3. junebugさんこんにちは♪
    写真と文章から幸せオーラがあふれてますよ(*^_^*)
    お料理上手の域を超えてますよね。お兄様がホント羨ましい(^^)
    お父様の餃子もイイですね♪いくらでも食べれちゃう気持ちわかります。
    美味しい物を一緒に食べて飲んで、たわいのない話をして...
    そんな時間を共有できることが一番の幸せなんですよね♥
    でも、こぶたさんがその場にいなくて、ちょっと寂しかったのでは?

    ReplyDelete
    Replies
    1. ふーさん、こんにちは。
      日本は猛暑のようですが大丈夫ですか?
      あ、やっぱり出てますか?幸せオーラ(笑)。
      kちゃんは本当にお店を出さないと勿体ない・・というくらいお料理上手です。
      兄が羨ましいですよね〜(笑)。
      こぶたがいないのは少し寂しかったのですが(笑)、何せ日本語が話せないので
      いたらいたで色々と面倒なんですよね。
      こぶたがいないと通訳をしないで家族と会話が楽しめるのでラクチンです(笑)。
      後で写真を見て悔しがっていましたよ〜(笑)。

      Delete