.eat, drink and...


5.31.2013

絶品タイ料理@THAI ORCHID ふたたび





梨泰院(イテウォン)での韓国語のクラスの後に、クラスメートと韓国語の先生と一緒に久しぶりにタイ・ランチへ。以前一度来てとても気に入った THAI ORCHID、今回もタイ大使館に旦那様が勤める友人のお陰で30%オフ^^。(前回の THAI ORCHID の記事はこちら。)




広くてとても綺麗なインテリアの中、まずは皆大好き海老のすり身のフライでスタート。これ、つなぎを全く使っていないのでは?と思うほど甘い海老の味がぎゅっと濃縮されている。いつ食べてもやっぱり美味しーい!




こちらも皆大好きチキンの唐揚げ(?)。皮はパリッと、身はしっとりジューシー!




チキンの唐揚げはさっぱりしたパパイヤのサラダと。




海老のガーリック炒め。とてもシンプルな一品なのに、ガーリックのパンチががつんと効いて海老はぷっくり、美味しい!家で海老の炒め物を作ってもどうしてもこうは仕上がらない。




パッタイ、今回は太麺ではなくて春雨のようは細麺で。太麺のパッタイに比べて甘さ控えめ、オムレツのような半熟卵と絡めて頂く。様々な国籍のクラスメート達、でも皆やっぱりヌードルが大好き^^

これ以外にも豚肉の炒め物や海老のチャーハンなども頼んだのだけれど、お喋りに夢中で写真を撮り忘れた。




ちょっとオーダーし過ぎで皆お腹いっぱい!それでも食べます、デザート^^ココナッツミルクで煮た餅米にフレッシュなマンゴー。このマンゴーはタイ人の友人がわざわざ「皆にタイのマンゴーを食べて欲しい」とお店に持ち込んだもの。大好きなマンゴー、ソウルではびっくりする程高くて一度も口にしていなかった。久しぶりに食べるあまーいタイ・マンゴー、美味しい〜!初めて食べた餅米のココナッツミルク煮ももっちりお餅のようでとても美味しい。お腹いっぱいだったのが、デザートも完食してさらにはち切れるばかりに(笑)。




先生からの皆へのサプライズ・プレゼント、ホーム・メードのメシル(梅)・エキス!リボンにタグがとても可愛い。さっぱりした甘さ控えめのメシル・エキス、ヨーグルトと一緒に美味しく頂いている。

本当に仲良しのクラスメートに恵まれた韓国語のクラスもあと2週間で終わり、寂しいなぁ...。古い友情を大切にしつつ、また新たな素敵な出会いが待っていますように!

THAI ORCHID(タイ・オーキッド):場所は ここの3階

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

5.29.2013

マッコリ日記114:チピョン米マッコリ





지평(チピョン)米マッコリ
楊平のレストランで2,000ウォン
国産米70%、輸入小麦粉30%使用。
アルコール度数は6%。
消費期間は30日で飲んだのは製造日の3日後。

先日訪れた京畿道、楊平(ヤンピョン)で買った1925年から三世代に渡って作られているチピョン酒造の生マッコリ。楊平のレストランで飲んだ2本の生マッコリ のうち、「本当に美味しい!」と思ったマッコリを購入したもの。

チピョンマッコリには私の大好きなチピョン醸造のチピョン生マッコリ があるけれど、こちらもやっぱり米70%、小麦粉30%使用。これが私にとってのマッコリの黄金比率なのかも?(笑)

家で再びゆっくり味わってみたチピョン米マッコリ、とても強いビフィダス味にほどよい炭酸味、酸味より甘味が強い。これはやっぱり、美味しーい!!強いて言えばちょっと甘味が強過ぎるけれど、小麦粉が使われているので飲み口が軽過ぎずコクがあり、何よりとても爽やかなビフィダス味がヨーグルトのようで美味しい。どちらかというと重口のビフィダス味の強いマッコリが好きな私にぴったり!!このマッコリを買いにまた楊平に行きたいなー(笑)。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

5.27.2013

韓国で一番美味しいへジャンクッと楊平マッコリ





韓国人の友人が、「いつもどこにも行かなくて可哀想」と、出張先のソウル東部に車で1時間半の楊平(ヤンピョン)へ一緒に連れて行ってくれることになった。確かに車も無いわ、こぶたは忙しいわでどこにも行かないでソウルに閉じこもっていることが多い私、これは幸運とうきうきくっついて行った。久しぶりのドライブを楽しんだ後は、私が「今までに食べたことがなさそうなものを」と、へジャンクッのお店へ。聞けば韓国で一番美味しいへジャンクッのお店なのだとか。「元祖」とか、「韓国で一番」が大好きな韓国人、「一番美味しい」と言われても素直には信じられない(笑)けれど、確かに大にぎわいの店内。




内蔵系が苦手の私、固めた牛の血の入ったへジャンクッは今まで避けてきた韓国料理の1つ(笑)。オーダーは友人におまかせしたら、へジャンクッとネジャンタンを1つづつ頼んでいた。ネジャン...?ネジャン...ってまさか...?




バンチャン。




そして!!私がはるばる楊平までくっついてきた、そしてヘジャンクッよりも何よりも楽しみにしていたご当地マッコリ〜!!ヤンピョン米マッコリ。国内産70%、輸入小麦粉30%使用。飲み口は重めで私好み、でもかなり酸味が強い。甘過ぎるマッコリも苦手だけれど、もうちょっと甘味が強くてもいいかも?




そして!じゃ〜ん、私の人生初のへジャンクッ!うーん....何だか気持ちの悪げな内蔵がたっぷり。中には細かい毛のようなものが生えたものまで...><




固めた牛の血、スンジもたっぷり....スープは意外にあっさりしていて美味しいのだけれど、このたんまり入った内蔵はやっぱり苦手〜。




そしてネジャンタン。やっぱりネジャンとは「内蔵」のことらしく、こちらんも内蔵がてんこ盛り〜。内蔵と格闘する私を見て友人は大喜び(笑)。でもこのスープ、豚骨のようなコクがあってとっても美味しい!!願わくは内蔵ではなくて普通のお肉が入っていたら〜(笑)。




私がはるばる楊平までマッコリを飲みに来たことを知っている友人、もう1本ご当地マッコリを頼んでくれた^^こちらは楊平のチピョンで作られている、チピョン米マッコリ。これも国産米70%、輸入小麦粉30%使用。同じ原材料でもこのチピョンマッコリは甘味と酸味のバランスが絶妙!飲み口も軽過ぎず重過ぎず、とても美味しい!あまりにも気に入って、1本お土産に買って帰った。

お店の人がとても親切で、私のめちゃめちゃへたくそな韓国語に「とってもお上手ですね〜」と褒めてくれた上、お土産にナッツやゴマの入った大きなお菓子までくれた。私のことを思ってソウルから連れ出してくれる友人、親切な店員さん、なんだかちょっと、韓国に近づけた気がした、そしてもうちょっと韓国が好きになった、そんな素敵な1日でした。

양평신내서울해장국집
Address: 경기도 양평군 개군면 신내길 16
Tel: 031-773-8001

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

5.25.2013

月香マッコリランチふたたび





前回とても気に入ったマッコリバー、月香(ウォルヒャン)梨泰院(イテウォン)店のランチ(以前の記事はこちら)へ、友人たちを誘ってまたやって来た。月香のランチタイムは嬉しいマッコリ50%オフ!のサービスに加え、とても美味しいランチメニューが印象的だった。




今日も飲みます、ランチマッコリ^^。どのマッコリにしよう...?と女子4人、迷いに迷っているととても親切なお店の方が「試飲されますか?」と2本持ってきてくれた。私たちのためにわざわざ開けてくれた右のマッコリは酸っぱ過ぎ、左のソベッサンマッコリはちょっと甘過ぎで、




結局私のお気に入りのケド生マッコリに決定(笑)。酸味と甘味のバランスがよく、強過ぎない炭酸味に強いビフィダス味がとても美味しい!お店の方によると、このマッコリをとても気に入って1人で10本飲んで帰った日本人のお客さんがいたのだとか。それも納得、の美味しさ^^




バンチャンは....あれ?米菓子に蜂蜜....前回はとても美味しいバンチャンがずらっと並んだのに...ちょっとがっかり。




クリーミーなケドマッコリ。とても飲み易くてすいすい飲めちゃう^^




この日のランチメニューは도시락(トシラク、お弁当)のみ。蓋をして出てきた日本風のお弁当箱、開けた瞬間歓声が!....のはずが、女子4人、驚きのどよめきが....まず目についたのが山盛りウィンナー、そして大学芋。前回はとても美味しい秋刀魚のジョリムに大きなボウルのミヨック(ワカメスープ)だったのが、この差は...?しかもこの山盛りのウィンナー、かなり冷めていた。お店の方によると、ランチメニューは月によって変わるそう。




メインのチキンも味が薄くてパンチに欠ける。いつ来てもとても美味しかった月香、このトシラクはかなり残念!!美味しいマッコリ、せっかくなら美味しいおつまみと一緒に頂きたかったなぁ。次回は来店前にランチメニューを確認してから来よう(苦笑)。

月香 梨泰院店:場所はこちら

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

5.23.2013

一品蜂蜜マッコリ3号店





友人とマッコリを飲みに久しぶりに弘大(ホンデ)へ。お目当てだったお店がちょっとがっかりだったので、直ぐに出てインパクトのあるこの手書きの看板のお店へ移動。




看板もユニーク、インテリアもユニーク。店内がちょっと暗過ぎたので、友人がお店の人に「もうちょっと明るくてしてください」とお願いすると、「それが店のコンセプトです!」との返答。一体このお店のコンセプトとは....?(笑)




マッコリメニュー。店名にもなっている꿀 (蜂蜜)マッコリ、それだけ美味しさに自信があるのかな?




このタンクの中になみなみとマッコリが入っていた。ひょっとして自家製?看板メニューの蜂蜜マッコリ、興味津々で見ていると何だかマッコリの中に蜂蜜を投入しただけのような...(笑)。




その疑惑の蜂蜜マッコリ、甘いけど、美味しーい!美味しいけど、甘ーい!蜂蜜の甘さの中にもマッコリそのものの爽やかさが感じられてとても飲み易い。でも「蜂蜜マッコリ」、本当に蜂蜜を入れただけだったのかな?これなら家でも簡単に作れちゃう(笑)。




取りあえずのおつまみに頼んだ鉄板チーズキムチピンデトッ(緑豆のチヂミ)。「取りあえず」、で頼んだのだけれどこのピンデトッ、本当に、巨大!!有に直径30cmはある。しかもチーズがどっさり!!キムチもどっさり!!こんがりクリスピーに焼けて、美味しい!!




チーズがびよ〜ん、たまりません^^直径30cmのピンデトッ、女子2人、「食べきれな〜い♡」なんて言っていたのに、結局完食(笑)。何故か病み付きになる鉄板チーズピンデトッ、また蜂蜜マッコリと共に味わいに訪れたいな。

一品꿀 マッコリ3号店:場所はこの地下1階

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

5.21.2013

マッコリ日記11 3:緑茶生マッコリ





태백산맥 (太白山脈) 緑茶米マッコリ
宝城のお土産ショップで3,000ウォン
国産米70%、豪州、米国産小麦粉15%、でんぷん糖15%使用。
宝城産緑茶0.5%含有。
アルコール度数は6%。
賞味期間は10日で飲んだのは製造日の1週間後。

美しい宝城の大韓茶園で購入した、宝城の緑茶を使ったマッコリ。マッコリを開ける瞬間、大韓茶園の整然とした、緑色の美しい茶畑が脳裏に浮かぶ....あそこで摘まれたお茶を使ったマッコリかと思うと、飲む前の心構えにも一層力が入る(笑)。

そんな思い出深いマッコリ、そのお味は甘味よりも酸味が強く、炭酸味、ビフィダス味ともに抑えめ。軽口で飲み易いけれどこれといった特徴に欠ける。0.5%使われた宝城産の緑茶の味は残念ながら感じない。こぶたは「ソウル長寿マッコリの方が美味しい」とつれないけれど、実際にその茶園を訪れた私にはやっぱり愛着を感じるマッコリ。旅先で購入するマッコリは、思い出もプラスされて倍美味しく感じるもの(笑)。訪れたその地その地の思い出をもう一度楽しむ機会を与えてくれる地産のマッコリは、やっぱり素晴らしい。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

5.19.2013

素敵日本空間@Japanese Cuisine & Lounge PIER 8


韓国では5月は「両親の日」など家族関連の記念日が多いため「家族の月」とされているということで、韓国観光公社から「ふるさとが懐かしくなるときに行く場所」に関する記事を、というお題を頂いた。うーん....以前に住んでいたパリやシカゴに比べてソウルは断然私の故郷、東京に近い。ソウルにいる、アジアにいる、というだけですでに「ふるさとにいる」感が強く、パリ時代やシカゴ時代に比べて「ふるさとが懐かしい」と思うことが少なくなった。パリやシカゴでは「そう簡単に日本に帰れない」という危機感のようなものが常にあって、何かというと「あぁ、日本よ...」というような郷愁に浸っていてけれど、ここソウルでは、なんというか、日本の一部に暮らしているような錯覚すら感じる。あんパン1つに涙していたパリ、シカゴに比べて、食の面でも韓国は断然恵まれている。こぶたも私も大好きなあんパンは街中にあふれているし、醤油、味噌、海藻なども当然簡単に入手できる。街を歩けば日本風の居酒屋、お好み焼き屋、ラーメン屋、うどん屋などが連立し、「あぁ、和食が恋しい...」と感じることはまずない。

前置きが長くなったけれど、こういう理由で今の私にとってはソウル生活では「ふるさとが恋しい」と思うことは滅多になく、今回のお題はかなり難しいものとなった。




それでも「ふるさとが懐かしくなるときに行く場所」に関しての記事を書かなくてはいけない。という訳で、それを口実に(笑)梨泰院(イテウォン)のお洒落ジャパニーズ・レストラン、Japanese Cuisine & Lounge PIER 8 へ繰り出した。ここは以前ランチに訪れて、とても素敵な空間が気に入って、是非ディナーに来てみたいな、と思っていた所。




平日の6時という早い時間だったので、店内はまだがらがら。広くて天井も高く、窓も大きく取られているのでとても開放感があって居心地がいい。ちょっとアメリカのジャパニーズ・レストランを思い出す。




店内はがらがら...と思ったら、結構予約が入っていた。私たちも気持ちの良い風の入る窓際席へ。




早速見るのは、ドリンク・メニュー(笑)。日本酒や焼酎を作ったカクテルが豊富!どれもとても美味しそうで何を頼むか本当に悩む...。




こちらのお店では自家製のお酒を色々と作っている。飾られたボトルがとても綺麗。




生姜を漬けたウォッカや、




レモンを漬けた焼酎!興味津々でボトルを見ている私に、お店の人が親切にグレープフルーツを漬けたウォッカを味見させてくれた。しっかり出たフレッシュなグレープフルーツの香りがとてもいい。




悩みに悩んで私が頼んだのは、生姜を漬けたウォッカ、トリプル・セック、自家製ジャスミン・シロップを使った東京花火マティーニ。ネーミングも面白い。甘過ぎず、ほのかなジャスミンの香りがとても美味しい。




名前は忘れてしまったけれど、友人が頼んだライチを漬けた焼酎のカクテル。こちらもすっきりと爽やかでとても飲み易い。




アペタイザーのフィッシュ・タルタル。色々なお刺身を混ぜたもの。隠し味に効いたシトラスの香りが美味しいけれど、もうちょっと量があっても...(笑)。




お店の人お勧めのカプレーゼ。雲丹、マグロ、サーモン等がのったカプレーゼ、こちらも無難に美味しい。




メインはお店の人お勧めの「サムギョプサル(豚の三枚肉)」。「サムギョプサル」と韓国風に言われたので何が出てくるのかと思ったら、日本の豚の角煮だった(笑)。でもとろとろに柔らかく煮込まれた角煮、懐かしい日本の味、美味しーい!!




そして「本日のお魚のグリル」。この日のお魚は鱈だった。こんがりとグリルされた鱈に添えられたワカメのソースが磯の香り満載でとても美味しい!ワカメやシーフードが入ったリゾットも絶品。

今回のアペタイザーは普通だったけれど、メインは両方とも洗練されたとても満足できるものだった。アペタイザーには他には日本風の唐揚げやコロッケなども。メインもお刺身、お寿司などもあったので次回はそちらを試してみてもいいかな。ランチタイムにはすきやき定食、海老丼定食、カレーうどんなどがあってこちらもとても美味しい。

お料理も美味しい PIER 8、何よりも雰囲気がとてもいい上に、ユニークなカクテルが豊富でとても美味しいのが嬉しい!「ふるさとが懐かしい」と思わなくても、また美味しいお酒を素敵な空間で楽しみに訪れたい(笑)。

「ふるさとが懐かしい」と思うことは滅多にないけれど、「家族が恋しい」と感じることはよくある。それでも、飛行機で13時間かかったシカゴやパリに比べ、ソウルはたったの2時間で東京につく。その時間差だけで、家族にぐっと近く感じることができる。そして家族に電話をするにも、家族のことを考えるときでも、時差を考慮しなくていいということも、家族の存在を身近に感じさせてくれる。今回の「ふるさとが懐かしくなるときに行く場所」というお題は、今私はここソウルで、「故郷に近い」ということに日々感謝の念を感じながら暮らしているのだ、ということを改めて思い出させてくれた。

Japanese Cuisine & Lounge PIER 8:場所はこの2階

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ