.eat, drink and...


3.15.2011

信じられない石原慎太郎東京都知事の発言

4月の東京都知事選に4選出馬を正式に表明している石原慎太郎知事が東日本大震災に関して、「日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う。」と述べたという報道を見た。

自分の耳が、目が、信じられなかった。

3千人を超える貴重な命が失われ、1万5千人もの人が未だに行方不明、55万人もの方々が避難生活を余儀なくされている「悲惨」という言葉でも十分に表し得ないような今のこの状況が、「天罰」?

親を、子を、友人を失った人々。思い出のたくさん詰まった家、そして全てを失った人々。これが、この悲劇が、「天罰」?

天罰」とは、「天が下す罰」、「悪事に対する自然の報い」。被災者の方々は、罰せられるような、どんな悪事を行なったというのだろうか??

今までも石原都知事からは「え?」と思うような発言が聞かれたけれど、特に深く気に留めたことはなかった。でも今回は、許せない。怒りに震える手でこのブログを書いている。庶民に、被災された方々の気持ちに、寄り添うことが全くできない、常に上からものを見ることしか出来ない石原知事。あなたは一体「心」を持っているのですか。私たちは人の心の痛みが分からない、「心」を持たない政治家は要りません。
 
次回の東京都知事選では、東京都民に賢い選択を期待したいものです。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

6 comments:

  1. 石原都知事そんなこと言ってたのですね…・知らなかったです。
    人間として人格を疑います。
    怒りと、とっても悲しい気持ちが、同時に私の中に落ちてきました。。。
    ただでさえ気持ちが落ち気味なのに・・・・こんな時に・・・・。

    神様が天のせいにされてお怒りです。
    ポチ凸!

    ReplyDelete
  2. 私もこの映像見ました。
    今回のこの発言に関しては、確かにいくら何でも言葉が悪過ぎたとは思いますが、この発言のポイントは他にあったのではないかとも思ったりもしています。
    なんせ、内容は至極まともな事でも口も言い方も悪い石原都知事ですから…。

    もちろん、私も腹が立ちましたし、擁護する気持ちはありませんが、こんな時に人を恨むのはやめませんか…。
    私も、「日本沈没」や「日本、韓国を津波から守りバリケード効果」などと信じられない事を書いた韓国紙のニュースを見た時や、「助ける必要はない」などと人とは思えない発言した台湾の政治家のニュースを見た時は怒りに震えました。
    でも、そんな人たちでも天罰が下って欲しいとは思いたくありません。
    きれいごとではなく、実際にその人たちが迫ってくる津波に飲み込まれていく姿を想像したら、ざまぁ見ろとは思えないと思います。
    そんな状況が目の前にあったら、いくら許せない発言をした人たちでも流されていく姿を見て見ぬふりはできなくないですか?
    junebugさんが許せないと思われるのは当然です。
    誰であっても、天罰だなんて言葉は使っていいはず無いと思います。
    でも、仕返しのような事を願うのはjunebugさんにとっても辛い事だと思います。
    被災地の方を思えば怒りはおさまりませんが、腹の立つ事より、家族と再会できて喜ぶ人たちの姿や、世界中の方からの応援メッセージなどを見て、冷静で思いやりある、強い日本人であり続けましょう。
    私のブログに、心温まる動画を貼付けました。
    よかったら見てみて下さい。
    私も偉そうな事を言える人間ではありませんが、自分で自分を苦しめてしまわないようにして欲しいと思い書かせて頂きました。
    お気を悪くされたらすみません。
    長々と失礼しました…。

    ReplyDelete
  3. 本当に、私も同じような怒りを覚えました。我欲云々というその言葉自体は特にどうこう思いませんし、日本人の我欲を批判するのは彼の勝手――ですが、そのために今回のような惨事を引き合いに出すなどというのは人間として許されないと思います。あまりに心ない。家で家族に言うならまだしも、現職の知事として公共の電波で発言しましたからね…耳を疑いました。彼のせいでいっぺんに耳と目と心が汚れたので、#prayforjapanというタグをつけて日本の為に祈り、チャリティ・義援金の形で行動してくれている世界中の人、実際日本の中で頑張ってる人の声を聞いて心の洗濯をしました……

    ReplyDelete
  4. うさぎぴょん♪さん、
    私も怒りを超えて悲しくなりました。
    日本の首都のトップがこのような発言をするとは...
    清き一票、大切に使いたいものです。

    ReplyDelete
  5. 日向夏さん、
    そうですね、石原都知事に仕返しを願うようなことは良くありませんね。実際にそう思っていても、口にすべきことではないかもしれません。訂正いたします。
    でも、今回の彼の発言は、「口も言い方も悪い石原都知事のことだから…」などと許せる発言では決してありません。みんなで被災地を、被災者の方々を支えていこうという気力が国に沸き上がっているこの時期に、東京都知事という公的な立場にある石原氏が「この災害は天罰であった」と公言することは、本当に愚かで許せない行為です。彼が一個人としてそう思うのは構わないかもしれません、しかし、東京都知事という立場でこのような発言をするということは、彼の指導者としての素質を真っ向から否定するものです。そのような発言をするべきではないという判断も出来なかったということで、彼の人間性をも否定する発言だったと思います。国民が今のような落ち込んだ状況にあるときこそ、政治家は国民のリーダーとして、国民の気持ちを前向きに持っていこうと努力するべきであると思います。そうできない政治家に、国民と一緒に頑張っていこうと考えられない政治家に、私は私の貴重な一票を入れたくはありません。

    韓国でも確かに心ないことを言う人はいます。でもそれは本当に一部です。それをまた、日本の一部の人たちが拾い上げて広めているのではないでしょうか。日向夏さんはどのようなところから情報を得ていらっしゃるのでしょうか。韓国の大半の人たちは今回の日本の惨状に本当に親身になっています。隣国の友人を助けようという気運の方が強いのに、一部の心無い書き込みの方が大きく取り上げられているとしたらとても悲しいことです。中国の新聞、ネットでも、今回の悲劇の中においても冷静に対処している日本人を賞賛し、日本にエールを送る論調の方が強いようです。日経ONLINEの記事から抜粋します。

    ***

     12日の夕方になると日本時間の7時(北京時間の6時)から、CCTV国際頻道(チャンネル)の「中国新聞」という番組が「日本大地震」という1時間の特集を組んだ。夜の10時になると、キャスターを変えて、再び「日本大地震」を特集。

     ハッとして中国大陸のネット空間にアクセスした。

     するとどうだろう。 「日本加油(ジャー・ユウ)!」(日本頑張れ!)のエールがあふれているではないか。

     もちろん「鉄血社区」(社区:コミュニティ)のような反日色が濃厚なサイトでは「実に素晴らしい! 10級くらいの地震が東京を襲うともっといいのに」といった悪意に満ちたものがないではない。それはどの時代でも、どの国でもあることだろう。注目すべきは、「日本加油!」という書き込みの数がそれらをはるかに凌駕していることだ。

     3月12日で以下のようなものがある。
    ●その昔、確かに日本は戦争を仕掛けてきた。しかし中国の(四川)地震の時には真っ先に駆けつけてくれたではないか。今度は日本で大地震があったというのに、無責任な書き込みをして、気分がいいのか。
    ●もし中日戦争が起きたら私は鉄砲をかついで最前線で闘う。しかし、もし日本人民が災難に遭ったら、私は担架をかついで、やはり最前線で助ける。
    ●私は日本の民衆の精神を信じる。頑張れ、日本!….

    私はこの記事を読んで驚き、感激しました。一部の心ない人々からの発信によって隣国の善意を見失わないようにしたいものです。

    私も腹を立てるより、「冷静で思いやりのある、強い日本人」でいたいと思います。私がここで石原氏を批判するのは、冷静で強い日本人でありたいからです。このような人物をリーダーに選ぶ過ちを2度と繰り返して欲しくない、そういう強い思いから書いています。決して怒りだけで書いているのでは無いことをご理解下さい。

    ReplyDelete
  6. sakuraさん、
    私も東京都知事という立場でこのような発言をする彼の人間性を疑いました。ガレキの山の中を未だに連絡が取れない息子、娘、母、父、を探しながらさまよう人々、このような被災者の方々に向かって天罰とは...!!今日謝罪をしたようですが、言ってしまったことは取り消せません。実際にそう思っていたのでなければ決して無かったであろう発言ですので。彼は本当に庶民の心、弱い立場の人々の気持ち、というものを一切汲み取ることが出来ない人間なのだと思います。以前からそうなのではないか...とは思っていましたが、今回ではっきり露呈しました。私はこのような人物に我が国の首都の政治を司って欲しくありません。

    ReplyDelete