.eat, drink and...


10.31.2010

紅葉の三清洞・北村散歩

 



抜けるような秋の青空が広がった昨日、こぶたと三清洞エリアに散歩に行った。寒い寒い冬が来る前に、ソウルを満喫しておかないと!




今日の散歩の目的は、三清洞から近い伝統家屋が立ち並ぶエリア、北村。青い空に瓦屋根が映えて美しい。この瓦屋根の下に、人々の生活が息づいている。






















いいお天気もあって、多くの人が古い家並みの中の散歩を楽しんでいた。伝統家屋が素敵なカフェになっていたり、古い住宅街のこの北村も、最近では人気のお洒落スポットに変わりつつあるらしい。




北村の伝統家屋街から振り返ると、ソウルの市街が広がっている。小さくNソウルタワーも見える。伝統とモダンが交錯したような、ちょっと不思議な空間。




北村から三清洞を抜けて、金色に色付いた景福宮脇の銀杏並木を散歩。




韓国大統領府、青瓦台。ソウルで好きなことの1つに、山に囲まれている、ということがある。山を見ると何故か、ほっとする。胸を掴まれるような、きゅっと懐かしいような思いに捕われる。何故だろう?山の中で育った訳でも無いのに。




紅葉と景福宮。青い空に赤い紅葉がはっとするほど美しかった。秋のソウルを満喫した週末の一時でした。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

10.30.2010

韓国のお酒:自自然然ポップンジャ酒 [ペサンミョン酒造]





以前飲んでとても気に入ったJINROのポップンジャ(クマイチゴ)酒。また同じものを買おうかな、と思って出掛けたスーパーで他製品、ペサンミョン酒造の自自然然ポップンジャ酒に目移り。こちらの方がJINROよりちょっぴりお高め。

JINROがアルコール度数15%なのに比べてペサンミョンは12%とちょっと低め。ペサンミョンの方がJINROのものより甘みが少し強い気がする。

私的にはJINROの方が濃縮されている気がして好きかも。お酒に弱い方、甘いお酒が好き!という方はこちらがいいかもしれません。

このポップンジャ酒(英語名:ブラックラズベリー酒)は、身体にとても良く、韓国では滋養強壮のために飲まれるらしい。このボトルにも「自然は身体にい。そしてこのお酒は自然から作られている」というようなことが書いてある。

なんてそういうこと聞くと、すぐそれにかこつけて飲み過ぎるから...危険危険(笑)。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

10.29.2010

エゴマ粉のスープ





最近ちょっとハマっているものの中に、このエゴマの粉がある。韓定食に行くと、コースの中にこのエゴマの粉のスープが入っていることが多い。ざらっとした舌触りに自然の素朴な味が病みつきになる。このエゴマの粉、蛋白質、カルシウム、繊維、鉄分などが豊富で身体にもとてもいいらしい。

今回のものは新村の農協ハナロで購入した韓国産。半分のお値段の中国産もあるのだけれど、何となく安心感から韓国産を買っている。一度中国産も試してみようかな?




大好きなエゴマのスープ、干し椎茸、煮干しの粉をたっぷり入れたスープに、今回は冷凍のシーフード・ミックス、ネギ、韓国かぼちゃ、人参、きのこを入れて具沢山に。味付けは塩とちょこっとのお醤油だけ。最後にたっぷりエゴマの粉を投入して出来上がり。シーフード、干し椎茸、煮干し粉の出汁が良く出ていて、エゴマの旨味が加わった滋味溢れる絶品スープ。見かけがイマイチなのだけど。。

たくさん作って、翌日は韓国すいとん(スジェビ)を入れてエゴマのスジェビに。こちらもすいとんがスープを吸ってとても美味しい。エゴマ粉のスープ、是非1度お試し下さい☆

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

10.28.2010

新村のチープな土鍋チゲ屋@トゥッペギエイェスル

東京に住む友人が旦那様の出張にくっついて、ソウルに遊びに来ることになっていた。明洞で海鮮鍋を食べて、弘大のカフェに行って、仁寺洞の韓定食に行って、、。色々と計画して 楽しみにしていたのに、それが直前にキャンセルになってしまった。あーぁ、5年ぶりの再会、楽しみにしていたのに。。


突然空っぽになってしまった予定。何だかご飯も作る気がしないなぁ。外はもう冬のような寒さ。こぶたと近所のチゲ屋、トゥッペギエイェスル に温かいチゲを食べに行くことにした。ここはKONESTの口コミを読んで気になっていたところ。


お店の入り口脇でおじさんが土鍋でチゲをぐつぐつ煮ている。これは温まりそう!


そして出てきたバンチャンとチゲ。あれ、、?なんだかKONESTで見た写真と、違うような。。「突き出しのそうめん」も出てこなかった。


バンチャン、ちょっとしょぼくない・・?


そして主役のチゲ。私のテンジャン(味噌)チゲ。


こぶたのプルコギ・チゲ。どちらも美味しいんだけれど、普通のお店のチゲの半分の大きさ。プルコギは具沢山だったけれど、私のテンジャンの具は豆腐1個にアサリ1個(苦笑)。

お値段がテンジャン・チゲ4,000ウォン(300円)、プルコギ・チゲ5,000ウォン(400円)と格安なのでとても文句は言えないか(笑)。でも口コミとかなり違っていたのは、不景気のせい?ディナーにはちょっと物足りないけれど、安く上げたい日のランチにはいいかも。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

10.27.2010

マッコリ日記16:麹醇堂新米マッコリ



 

麹醇堂(クッスンダン)新米マッコリ
E-Martで4,200ウォン
エコ国産新米100%、甘草使用
アルコール度数は7%

週末に E-Mart で見つけた麹醇堂(クッスンダン)の背の高い瓶入りの見慣れないマッコリ。良く見れば、2010年新米100%使用と書いてある。お米の収穫は秋、、ということは、穫れたてほやほやのお米が使われたマッコリ?お値段は4,200ウォンと普通のものの4倍近いけれど、そんな穫れたて米の作りたてマッコリ、飲んでみたーい!

楽しみに開けたこの新米マッコリ、そのお味は大したことありませんでした。かなりがっかり。なんだか嫌な後味が気になって、これが新米の味?と思って原材料を見てみると、通常のアスパルテームに加えて甘草が入っている。きっとこういう添加物が口に残るイヤな後味を与えているんだろう。残念!

やっぱり添加物は少なければ少ない程、素朴で嫌みの無い、美味しいお酒になるんだろう。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

10.26.2010

マッコリ日記15:全州土産の「純穀」マッコリ





ホワゲ(HWA GAE)酒造の純穀マッコリ
全州韓国フード観光フェスティバルで1,000ウォン(900㎖入り)
小麦粉100%使用

先日でかけた全州の韓国フード観光フェスティバル の一環のマッコリ特別館で試飲した30種類のマッコリの中で、一番気に入ったこのマッコリ。あまりにも気に入ってしまって、ブースの前から身動き出来なくなってしまったほど(笑)。




ソウルに持ち帰って早速試したそのお味は、やっぱり絶品!超微炭酸、どちらかというとまったり重く、強い乳酸味がとても美味しい。大好きだったニ東の生マッコリと1・2を争う美味しさ。そういえばどちらも共に小麦粉100%のマッコリ。最近、お米より小麦粉派に好みがシフトしつつあるのかも。そしてこのホワゲのマッコリは添加物無添加の「純穀」。身体に優しいのもポイントが高い!このマッコリ、ソウルでも買えればいいのになぁ。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

10.25.2010

全州ビビンパに全州マッコリ in 全州



先日 韓国訪問の年委員会の無料シャトルバスを利用して行ってきた全州。全州観光の後のお楽しみと言えば勿論、ビビンパ!ビンバの発祥の地は、なんとここ全州らしい。


ソウルに戻るバスの時間も迫っていたので、行き当たりばったりで韓屋村の中心にあるビビンバ・レストラン、 校洞韓食へ。お座敷スタイルの席に出てきたバンチャンの数々。ソウルより品数が多い?


そして勿論、全州マッコリ!「全州マッコリを下さい」と言ったら出てきた小さめ、500㎖入りのマッコリ。出てきたときはちょっとがっかりしたものの、マッコリ特別館で結構な量を飲んだ後だったので結果的には良かったのかも(笑)。お米80%、小麦20%のこのマッコリ、まったりとして、でも爽やか。私好みでとても美味しい!


お待ちかね!石焼ビビンパ。


そして全州ビビンパ!全州ビビンパは、真鍮の器に盛られたものが正道らしい。


ビビンパを混ぜ混ぜ、混ぜ混ぜ...

実は私は、韓国に引っ越してから一度もビビンパを食べていなかった。だから韓国初のビビンパが、本場全州での全州ビビンパになった。そのお味は、何せ比較がアメリカのなんちゃってビビンパなので、とても美味しかったです(笑)。ソウルのものよりやっぱり美味しいのかな。今度比較してみよう。

この全州ビビンパは11月にソウルで開かれるG20サミットでも振る舞われる予定だそう。全州ビビンパはやっぱり韓国を代表する食の顔、のようです。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

10.24.2010

韓国フード観光フェスティバル in 全州



絶好の秋の行楽日和が広がった金曜日、韓国訪問の年委員会の無料シャトルバスで、全州に日帰りの旅に行ってきた。この無料シャトルバス、利用出来るのは訪韓中あるいは韓国在住の外国人限定という、なんだか韓国人には申し訳ないようなサービス。(詳しい情報はこちら。)


人一倍早起きが苦手の私がなんと朝6時に目覚ましをセットして全州に出掛けたのは、今週全州で行われている韓国フード観光フェスティバルがお目当て。そして中でも一番のお楽しみは、勿論マッコリ特別館(笑)。マッコリのためなら早起きもなんのその。


肝入りで辿り着いたそのマッコリ特別館。ずらっと並んだ数々のマッコリが私を呼んでいる!ほとんどのものが今まで見たこも無いマッコリ。そしてなんと、30種類近いマッコリが無料で試飲可能。ここは、、天国!?


真っ赤な顔をした韓国人のおじちゃんたちに混じって、私も全て試飲。注いで貰うのが待ちきれずに自分で並々と注いでいる人も。勿論私も、、(笑)。普通のマッコリに混じって、緑茶、コーヒー、漢方、ラズベリーになんとトマト!入りのマッコリも。自分では買わないようなものも試飲できてとても楽しい。


気に入った生マッコリを1本購入してタクシーで全州市の中心、全州韓屋村へ向かった。伝統的な街並が残る全州韓屋村。秋晴れの青空に600年の樹齢を誇る銀杏、古い家並が美しい。




















韓屋村ではビビンバ・フェスティバルが行われていたり、路上コンサートが開かれていたり、こちらもお祭りムード。街角には韓国で最も美しい建物の1つと言われる殿洞聖堂がそびえている。


慶基殿の神秘的な竹林に迷い込んで。。。こぶたは竹を見るのは初めてだと言っていた。アメリカには竹もない?本当かなぁ。

そして全州の歴史、街並を満喫した後は勿論お楽しみの、、アレです。長くなるので続きは、明日(笑)。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

10.23.2010

マッコリ日記14:ベヒェジョン都家生マッコリ





ベヒェジョン都家生マッコリ
E-Martで1,100ウォン
国産米93%、麦芽糖7%使用
アルコール度数は6%

とても炭酸が効いて、軽口。何だか日本のカルピスみたい(笑)。イヤな後味も無く、とても軽く飲みやすくて美味しい。パーティーの食前酒にも良さそうな感じ。お酒好きな人にはちょっと物足りないかも?

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

10.22.2010

アメリカからの贈り物





昨日、突然アパートのインターフォンが鳴った。ちょうどシャワーを浴びて髪の毛を乾かしているとき。何だろう。慌てて玄関を開けると見慣れたアメリカの郵便局、UPSの箱を抱えたお兄さんが立っている。




アメリカからの小包?送り主はシカゴに住む、私のベスト・フレンド。開けてみると中には私の大好物、お宝がぎっしり!!




先日の私のお誕生日のために、わざわざシカゴから私の好物たちを送ってくれたらしい。パスタ、チョコレート、スプレッド、ナッツ、私が大好きだったサワー・チェリーのグラノラにホールフーズのチーズまで!きっと私がいつもソウルでは輸入品が高い、、とこぼしているから。バナナ・チョコレートのスプレッドはバナナチョコ好きのこぶたのため?(笑)




箱を開けた瞬間気になったピスタチオ味のオーガニック・マシュマロ。その場でひとつ口に放りこんでみた。口ですっと溶けるような、自然素材の優しい味。ぐっと心に染みる味。何故か涙がこみ上げてきた。

ソウル生活は、楽しい。全てにおいて新しいことの連続。毎日が新鮮で、日々があっという間に過ぎ去っていく。友達も少ないけれど、出来た。語学学校にも通ってハングルも多少読めるようになった。ソウルでの日々の生活に少しづつ、慣れ始めている。

それでも、この箱を開けた瞬間、マシュマロを口に放り込んだ瞬間、溢れてきた涙。これは一体何だろう。毎日が楽しいことばかりではない。仕事も辞めて、生まれて初めての専業主婦生活。自分のアイデンティティを見失いそうになった。周りは分からない言葉に溢れ、家で話す言葉も全て英語。友達だって、、、やっぱりシカゴの友達、日本の友達、昔からの何でも話せる、友達が恋しい!!仕事帰りの夕暮れ、バーのハッピー・アワーでカクテルを傾けながら仕事の愚痴を言い合う、そんななんてことない一時が、無性に恋しい。

こぶただって新しい場所、新しい仕事で精一杯。文句は言えない。ソウルでの専業主婦の生活に憧れる人だっていっぱいいるんだろう。贅沢は、言うまい。でもでも、やっぱりどこかで抑えていたものがあったんだ。

シカゴからの愛情詰まった箱を前に、1人涙を流しながら思った。毎日ポジティブに生きるのはいい、でもたまには、こんな風に自分に素直になることも必要なんだ。たまに過去を振り返りながら、また明日に向かって前向きに進んで行こう。素晴らしい友人を持っていることを感謝しながら。

Loganちゃん、本当にどうもありがとう!このお宝、きっと食べられずにいつまでも棚に飾られているよ。I miss you sooo much!!!

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

10.20.2010

新村で巨大パジョンとドンドン酒@トンネパジョン





ガイドブックで見てずっと気になっていた新村のパジョン(チヂミ)のお店、トンネパジョンに行ってきた。

韓国人の友人はそんなことないと言うけれど、ガイドブックには「韓国人は雨の日はパジョンにマッコリで一杯やりたくなる」と書いてあった。雨は降っていなかったけれど、美味しいものはいつだって食べたい(笑)。




新村の繁華街にあるちょっと分かりづらい小さなレストランの入り口を入ると、中はまだ6時なのにお客さんでいっぱい!木を多用した民芸調の居心地のいい雰囲気。




バンチャンは大根のキムチに水キムチとちょっと寂しい。パジョン用のソースが4種類(オリジナル、わさび、ガーリック、チリソース)が既にセットされている。





生ドンドン酒と生マッコリがあったけれど、ガイドブックがお勧めしていた生ドンドン酒をオーダー。そして出てきたのはどーんっとおっきなカメ。これ、多分2リットル入り。。ガイドブックによるとここのドンドン酒は火入れ処理していない生酒で、京畿道から毎日取り寄せているのでとても新鮮らしい。確かにこのドンドン酒、ものすごい乳酸味でお酒が生きている味がする。絶品!




そしてこの絶品ドンドン酒を飲んでいると、これもどーんっと出てきたのがお店の名前にもなっているトンネパジョン(海鮮チヂミ)。出てきた瞬間「おおおぉーっ」と叫んでしまう程の大きさ、こぶたの顔の3倍ありそう(笑)。そして大きさだけでなく、外はカリカリッ、中はしっとり、具沢山で今まで食べたパジョンの中でダントツ1番の美味しさ!今思い出しても又食べたくなるほど。

結局ドンドン酒は1/3、パジョンも1/2でギブアップ。半分残ったパジョンはお持ち帰りできたけれど、絶品ドンドン酒を残すのは本当に後ろ髪が引かれた。もっと小さいサイズで出してくれればいいのだけれど、次回は空のペットボトルでも持って行こうかな(笑)。

本当に美味しい生酒にパジョン、翌日にまた行きたくなる、そんなレストランでした。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ